« 「ミニファームゆとろぎ」冬の陣のスタート - ゆとろぎへの道 仲村峯夫 一隅を照らす素晴らしきかな人生 照らさずとも好し また素晴らしきかなこの人生(とき) | トップページ | ビッパ »

2018年10月17日 (水)

傷つきたくなくて、別れない。 ( OL )

恋人のことです。(つづきです。)
付き合ってみて、
だんだん好きになることもある。
と、思っていましたが、
一向に好きになれていない
気がします。
男友達と遊びに行こうとした
ことがあったあたりから、
なんだかぎくしゃくムードでした。
ほいでついに、
彼が話を切り出しまして、
色々と話が進み、
「他の男と遊ぶような人と
一緒にいる自分がバカバカしく
思う。」
って彼が言ったんです。
ショックでした。
単純に真っ先に、
悲しくなりました。
私はその言葉を聞いた瞬間、
私と一緒に過ごした時間は
すべて無駄だった、と
言われたように感じたからです。
でも、だんだんと怒りに変わり、
お前が私と一緒にいることを
選んだんだよ。
それに私、結局遊びに
行かなかったよね。
私だけ我慢して、彼に合わせて
行動して、、、
腹が立ちました。
でも、ふと
別れを告げられるのかなって
思ったら、
怖くなりました。
嫌いって言われるのが
怖くなりました。
だから、私は
あなたと過ごした時間を
無駄だと思ったことはない。
と言いました。
(本当です。)
そしたら、
彼も言い過ぎたごめんと、
謝ってきて、
いわゆる仲直り。
後日、
友達にこんなことがあったと
相談したら、
単なる嫉妬だね、
あんたのことめちゃめちゃ好き
なんじゃん。
って、言われました。
そうですよね。
ちょっと嫉妬して、
ついカッとなって
言っちゃったんだよね。
ほいで、私に
あなたと一緒にいる方が
大切だよ、好きだよって
言って欲しかったんだよね。
でもでも、
本当に私は傷つきました。
結構傷つきました。
自分でもびっくりするくらい
傷つきました。
もうあんなこと
言われたくないから
男の子とはもう遊ばない。

« 「ミニファームゆとろぎ」冬の陣のスタート - ゆとろぎへの道 仲村峯夫 一隅を照らす素晴らしきかな人生 照らさずとも好し また素晴らしきかなこの人生(とき) | トップページ | ビッパ »