« 孫の喘息はまた・・&旅行は一日遅い出発になった | トップページ | ヘチマの定植と柿の葉らしき葉っぱ »

2019年6月20日 (木)

アサザ

音楽:バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番メヌエットⅠ/Ⅱ遊びの音楽館 http://a-babe.plala.jp/~jun-t/index.html ■無伴奏チェロ組曲作曲年代は明らかでないが、その大部分はケーテン時代(1717年-1723年)に作曲されたと思われる。ケーテンの宮廷オーケストラは12人の楽師で構成されており、宮廷ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者でチェリストも兼ねていた、クリスティアン・フェルディナント・アーベルのために書かれたという説もある。近年、ヴァイオリンのように肩で支えた姿勢で弾く小型のチェロ(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ)が復元され、ヴァイオリンの無伴奏曲と同様にバッハ自身が弾くために書かれたとする説も浮上している。ケーテン時代には、ブランデンブルク協奏曲やフランス組曲、イギリス組曲など、6曲構成の楽曲が作られているが、この時代に3の倍数が好まれたことが影響していると見られる。バッハの妻アンナ・マクダレーナの写譜が残っており、これは長い間自筆譜と考えられてきた美しいものである。 その後、単純な練習曲として忘れられていたが、パブロ・カザルスによって再発掘されて以降、チェリストの聖典的な作品と見なされるようになった。現代においてはバッハの作品の中でも特に高く評価されるものの一つである。コントラバスやヴィオラ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、ギター、サキソフォン、フルート、ホルン、マリンバ、エレキギター、テューバなど他の楽器に編曲、演奏されることも多い。 ■第1番 メヌエット I/II三部形式、4分の3拍子。中間の第2メヌエットはト短調。 (以上,ウィキペディア)

« 孫の喘息はまた・・&旅行は一日遅い出発になった | トップページ | ヘチマの定植と柿の葉らしき葉っぱ »